事務的な業務をサポート|就職が有利になるソフィア整体アカデミーで知識と技術を身に付けよう
文房具

就職が有利になるソフィア整体アカデミーで知識と技術を身に付けよう

事務的な業務をサポート

ウーマン

様々な呼称があります

医療機関では様々な職種の人が活躍していますが、治療はもちろん、事務的な仕事もまた欠かせない大切な仕事となっています。医師事務作業補助も注目されている仕事のひとつで、こちらは医師が行う業務のうち、事務的な業務をサポートする仕事となっています。医師事務作業補助の呼称も様々でメディカルアシスタント、医療秘書、さらに医療クラークなどと呼ばれることもあります。医療事務作業補助の仕事に就くには資格が必要なのかということとなりますが、特に必要な資格等はありません。国家試験は行われておらず民間の団体で行われている試験はあります。こうした職種が登場したことで、医師の負担を減らすことができ、より医師が本来の業務に専念できるようになっています。

通信教育などで学ぶ

医師事務作業補助は特に資格などは必要なく働くことができますが、初めてこうした仕事に就くとなるとわからないことも少なくないものです。即戦力となるためにも、順調に仕事を進めていくためにも、やはりある程度の知識は持っておきたいところです。医師事務作業補助の勉強方法では通信教育も便利で、これなら現在他の仕事に就いている人も自宅で好きな時間に学ぶことができます。具体的な仕事内容は診断書などの医療文書の作成の補助、カルテの代行入力、事務作業などを行うこととなります。病院などの医療機関は新たに医師事務作業補助を配置してからは6か月間は研修期間とし、32時間以上の基礎研修を行うことが定められています。業務は医師の指示の元で行うことが基本となっていますので、看護師の指示のもとで行う業務や医療事務業務は行えないこととなっています。